財産差押えは回避できるのか?

財産差押えは回避できるのか?

財産が差押えられたらどうする!?

自己破産デメリットや財産などの差し押さえを執行される場合は、税金を滞納していたりしていて、市役所などからの財産など差し押さえの勧告を無視していた場合が多いです。

 

あなたは税金を納めていますか?

 

納税は国民の義務であり、今更なぜ納付ということは言うまでもありませんが、やはり難癖をつけて納付しない方は存在します。

 

一般の個人が納める税金としては、住民税や固定資産税・自動車税等があります。

 

また納付先は市町村や県となっております。

 

このように納税者が直接納める税金を直接税と言います。

 

税金の滞納が問題となるのは、この直接税の滞納のことを指します。

 

会社員の方であれば自動で天引きとなりますから滞納は考えにくいのですが、自分で直接納付をする自営業等の方に滞納が起こりがちです。

 

それでも口座振替登録をしておけば滞納は防げます。

 

では、これほど納付体勢が整えられているのになぜ滞納は発生するのでしょうか。

 

それは、滞納者が役所に対してよいイメージを持っておらず、最初から納付する気がない場合に起こります。

 

結果としてこのような者たちは、いくら催告書等で呼びかけても全く納付意思がないため、結果的に強制的に金品を差し押さえるしか他になくなります。

 

差し押さえ対象は、給与口座やその他預貯金、家財道具に至るまでさまざまなものを差し押さえます。

 

このように差し押さえは、納税意思がない者への役所からの罰なのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ