年金未払いによる差押え【解決方法】

年金未払いによる差押え【解決方法】

年金未払いだと差押えられるのか?

国民年金を納付しない状態でいて、市役所などからの勧告を無視していたりしませんか?

 

国民年金の滞納による差し押さえを受ける場合は、国民年金を滞納していたからといって、すぐに差し押さえが執行されるわけではないです。

 

国民年金の滞納の場合は、納付の状況に応じて年金を納めているかどうかを市役所が確認します。

 

未納の月があった場合は、納付による勧告を行います。

 

未納の月の納付を行ったら差し押さえはないですが、未納を放置したままでいると、納付の再度の勧告を郵送で送ったり、社会福祉事務所などの職員が自宅に伺います。

 

国民年金の納付ができない場合は、事由によって免除もできますが、悪質な未納による放置の対応をすると差し押さえが強制的に執行されるのです。

 

税金による差し押さえの場合は、基本的に市役所から提示された期限までに住民税などの税金を納めないまま放置をすると、

 

税金の納付による勧告を行うが、放置したままでいると差し押さえの勧告が行われて、差し押さえの勧告に応じないと法律によって強制的に財産の差し押さえが強制的に執行されるのです。

 

執行された後でも、税金や国民年金の未納分と利息分を納めると差し押さえた財産は戻ります。

 

 

差し押さえになるまえに、自己破産・個人再生・任意整理などの手続きはお早めに。


ホーム RSS購読 サイトマップ