給与差押えになった時の対応<会社はクビになるのか?>

給与差押えになった時の対応<会社はクビになるのか?>

給与が差押えになったら?

借金を返済しないでいると勤めている会社から支払われる給料を差押えられることがあります。

 

差押えられる金額は全額ではなく所得税、地方税、社会保険料を控除した額の4分の1が差押えられます。また33万円以上の給与をもらっている場合には33万円が手元に残され、それ以上の額が差押えられます。

 

給料が差押えられる場合には裁判所から職場に差押え命令が行くので、職場に借金の返済を滞納していることが知られてしまいます。

 

これで会社がわからクビを言い渡されることはありませんが、職場にいづらくなるのは確かです。

 

給料を差押えられる前に任意整理、個人再生、自己破産などの対処をとっておくと、差し押さえにあうこともなく職場に借金のことを知られることはありません。

 

早めに対処をすることが大切です。

 

任意整理は借金の額を減らして返済しやすくする方法、自己破産は主な財産を手放すことで借金をなくしてもらう方法、個人再生は住宅ローンをのぞいた借金を大幅に減らすことが出来る方法です。

 

差し押さえを受けるまでにはかなり滞納が続いて督促を受けていることが多く、金策に悩む期間も長くなります。

 

お金の問題に関しては無料で相談を受け付けている弁護士事務所も多いので、まずは相談してみることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ