差押えを回避する方法|緊急事態の対処法

差押えを回避する方法|緊急事態の対処法

差押えは回避できるのか?

多額の借金を背負ってしまい、住宅ローンの返済が困難になって差し押えされそう。

 

そんなときでも個人再生という手続きを行うと、マイホームの差し押さえを回避することができます。

 

個人再生とは一定の条件を満たせばマイホームを残したまま債務整理が出来る手続きです。

 

再生計画を裁判所に提出し、認めてもらえると借金が大幅に減額され、その借金を原則3年、特別な事情があるときは5年で分割返済します。

 

個人再生には今まで通りに住宅ローンの返済を行う事などを条件に利用できる住宅資金特別条項という制度があります。

 

住宅ローンの残高や毎月の返済額は変わりませんが、他の債務に対しては大幅に減額されます。

 

個人再生は3年から5年で返済することが必要なので継続して安定した収入がないと利用できません。

 

しかしアルバイトやパートでも利用できますし、ギャンブルや浪費が原因でも個人再生が行えます。

 

毎月の収入があるので住宅ローンだけの返済なら何とか行える。そんな場合に個人再生は最適です。

 

住宅の差し押さえから競売にかけられるのは勝手に進んでしまいますが、個人再生は自分から行動を起こす必要があります。

 

難しい手続きですので専門家にお任せされたほうが安心です。

 

弁護士事務所、または司法書士事務所で債務に関するご相談を受け付けていますので任意整理デメリットなど色々聞くために、ご連絡してみて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ