差し押さえに関する無料相談<おすすめの弁護士事務所>

差し押さえに関する無料相談<おすすめの弁護士事務所>

差押えをされた時はどうすればいいの?

例えば自己破産をするなら時はどうすればいい?

 

自己破産の申し立てをするためには、「破産手続き開始の申し立て」と「免責許可の申し立て」という
二つの書類を地方裁判所に書類を提出する必要があります。

 

これらの書類を自分で作成することも可能ではありますが、法律に関する知識がまったく無く法律用語も
知らない素人がこれらの書類を落ち度のないように作成して提出する手続きを行うためには、相当大きな
時間と労力が必要になってしまいます。

 

返済が滞って生活にも困っているような場合には、その間に自己破産の手続きがどんどん遅れ現状をさらに悪化させて
しまう場合も考えられます。

 

弁護士に依頼すれば、面倒で難しい手続きを全て代わりに行ってくれるので安心です。とくに債務整理を
専門にしている弁護士は経験も豊富でさまざまな事例にも詳しいので、自己破産の手続きや借金問題の解決を迅速に
行うことができます。

 

債務者からの厳しい取り立てがストレスになっている場合にも、弁護士に代理人になって
もらうことでストップできます。

 

自己破産の場合、地方裁判所に申立てを行わなければなりませんが、弁護士に代理人になってもらえば裁判所での
即日面接が可能になるのですぐに自己破産の手続きをはじめることができ、破産の申立てから3、4カ月間程度で
返済不能に陥っている借金から開放される場合もあります。

 

なので、とりあえず弁護士に自己破産の電話相談をしてみるのもいいかもしれません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ